ムダ毛を抜くのに熱中しすぎたあまり、、、。

ムダ毛に悩む女性
私は必要ない毛を抜く事例にすごく熱中しているみたいです。

テレビも付けず、音楽も聞かず、ただひたすら黙々と必要ない毛を抜いて行きます。

そうしてわずかな間の内に必要ない毛の処理をしてしまうのです。

この集中力のせいで、すごくびっくりさせられましたね。

私が集中して必要ない毛を素早く抜いていたら知らない内に後ろに忍び寄る影があったのです。

突然後ろからガバッと飛び掛かられてびっくりしました。

あまりに驚愕して「ぎゃ〜」と大きな声を出していました。

後ろにいたのは愛犬です。

いつの間にか愛犬が個室の中に入ってきていたようでした。

愛犬が入ってきたという事は物音がしたはずです。

ただし必要ない毛の処理に集中し過ぎていた私はその物音に全く気づけませんでした。

そのようなわけでくわっと驚いた顔で叫んだ私を見て、愛犬も結構ビビッて飛び上がっていました。

双方にびっくりした顔で双方に顔をお見合わせましたね。

必要ない毛を抜くだけなのにここまでの集中力があるとは考えませんでした。

必要ない毛を抜くのに夢中になったら私は周囲の事が疎かになるみたいです。

必要ない毛を抜いているケースというのは自らが思っていたよりも集中していたようです。

現実に愛犬の突然の飛びつきには興奮していました。

私が個室のドアを半開きにしていたようで、それも悪かったです。

必要ない毛を抜く事例はあとちょっと集中力を持ちすぎないようにやりたいと考えました。

もう現実に驚いて寿命が縮まりかけました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です